文房具

雰囲気で選ぶ

保育士

体験入学に申し込む

保育士は保育園で0歳から6歳までのこどもの世話をする仕事で、就くには資格が必要となります。一般的に大学や専門学校、短大で保育を学び知識をつけてから、取得するパターンが多いようです。 保育士は第1に子どもが好きな人、そして意外と体力のいる仕事で、タフで力のある人に向いています。また、学校の中で最も難易度が高いのは大学ですが、専門学校や短大にはないカリキュラム、実習を受けられるのがメリットです。大学は優良な教師がいること、雰囲気の良さで選ぶことが肝心だと言われています。また、実際に学校に行って内部を見ることでホームページで掲載されていないことが分かるので、体験入学があったら必ず申し込みをしましょう。

最大のメリット

自宅から通いやすい場所であることも、保育士の大学を選ぶときに大切なポイントと言われています。遠くに通いたい学校がある場合は、学費のほかに賃貸料がかかることになるので、よく考えて選びましょう。また、学費は田舎よりも都会のほうが高いと言われていますが、実際はそれほど差はないと言われています。そしてもうひとつ、保育士の大学は学費が専門学校や短大よりも高額ですが、就職したときに3つの学校の中で最も給料が高額です。実際に保育士になって知識のレベルが高いのも、大学を卒業した人だと言われています。また、4年間みっちり学習したことが保育園でいかされたときに、通っていて良かったと感じることも最大のメリットです。