文房具

資格を取得するには

学生

資格の取得方法

保育士になるには2通りあります。1つは独学で学び、国家試験を受けて資格を取得する方法です。もう1つは大学や専門学校を出て取得する方法です。独学で取得が難しいと考える人は、試験を受けなくても資格が取れる養成施設を卒業するようにしてください。早く働きたいということであれば2年生である専門学校、短期大学を選ぶようにします。もっと専門的に学習の幅を広げたいのであれば4年制の大学を選びましょう。試験の合格率は10%から20%あたりなので、合格するにはそれなりの努力が必要です。そして試験に受かっても手遊びの仕方といった現場力が養われるわけではなく、そうした経験は現場に出てから身につけることになります。学校では手遊びの仕方を教えてくれるなど保育士の現場での即戦力も鍛えてもらえます。

違いがある

専門学校には2通りあります。厚生労働大臣が指定している保育士養成施設と、短期大学の学科を併修する併修校です。併修校の場合、別途短期大学の通信課程も受ける必要があります。その短期大学も同時に卒業することで保育士の資格を取得する形になります。また、専門学校には2年制と3年制があります。この違いはじっくり学びたいどうかにあります。3年制の場合は幼稚園教諭の資格も取得できるコースが多くあります。2年制でももちろん取得できるコースが用意されているところもありますが、3年制のほうが用意されているところがほとんどです。学費は一番安いところで2年制の養成施設、次に併修校、3年制の養成施設、4年制大学となっています。